KITANO CLUB ANNEX

結婚式や2次会利用、ピンクの外観・自販機インテリアなどフォトジェニックな装飾が話題にもなっていた「HOTEL KITANO CLUB」(ホテル北野クラブ)が「KITANO CLUB ANNEX」として更に上質なお店へとリブランドオープン。

北野クラブアネックス

KITANO CLUB ANNEXの外観

「ホテル北野クラブ」は、神戸で創業60年の本格フレンチレストラン「北野クラブ」に隣接する形で、2018年春にオープンした人気施設。

北野クラブアネックス インテリア

1階インテリア

個人的には今回の「KITANO CLUB ANNEX」という店名のほうがシンプルモダンで◎

2020年7月のビアガーデンに続いて、今回ディナーで訪問させていただいたので、動画付きで詳しく紹介します。

神戸 北野クラブアネックス

ビアテラス訪問記事はこちら
スポンサーリンク

神戸の人気レストランがリブランドオープン

ディナーはコース仕立て、数種類用意されています。
今回はCASA MODERNA(カーサモデルナ)です。

 完全予約制です。

CASA MODERNA

【CASA MODERNA】
¥8,600 (税込・サ別)
※季節によってメニュー内容は変わります。


・アミューズ:淡路タコと枝豆のインサラティーナ
・冷菜:ヴィテッロトンナート
・温菜:ウナギのグリル カリフラワーのソテー オレンジ風味
・パスタ:淡路ハモのフリットを添えた桃の冷製カッペリーニ
・パスタ:トウモロコシのファゴッティーニ
・魚料理:イサキのソテー 松茸と松の実のソース
・肉料理:熟成近江牛クリミのグリル イチジク添え 赤ワインソース
・デザート:巨峰のムースとコンポスタ 赤紫蘇のグラニータを添えて
・食後のドリンク
※仕入れ状況により変更する場合あり。

ホテル北野クラブアネックス

まずはスパークリングで乾杯♡

期待して行った北野クラブアネックスさんのディナーですが、アミューズからシェフの創作性にシびれることに♡
アミューズから最後のスイーツまで嗜好を凝らせた料理の数々に感動。
是非、写真で伝わればと思います。(ページ下部の動画でも是非見てください)

北野クラブアネックス

淡路タコと枝豆のインサラティーナ

「インサラティーナ」はイタリア語で 小さなサラダという意味。
スイーツのような美しきビジュアルに包まれた新鮮な淡路のタコを堪能。
サラダというかもはや立派な一品です。

淡路鱧のフリットを添えた 桃の冷製カッペリーニ

淡路ハモのフリットを添えた桃の冷製カッペリーニ

桃、トマト、アサリの出汁が効いたオイルソースで和えたパスタに鱧のフリットをのせたフルーティーかつ鱧の香りがたまらないパスタ◎

北野クラブアネックス ディナー

冷菜:ヴィテッロトンナート

仔牛肉のローストと旬のピクルス野菜とのマッチが◎

KITANO CLUB ANNEX ディナー

ウナギのグリル カリフラワーのソテー オレンジ風味

今回のディナーコースは夏らしい料理がベースだったのですが、この料理は秋の到来を感じさせるもの。

神戸 kitano club annex

肉厚の鰻に鰻骨と頭からとった出汁をオレンジの果汁とシェリービネガーのソースに鰻の香ばしい香りが口の中で広がる逸品。

神戸 kitano club annex

トウモロコシのファゴッティーニ

とうもろこしのピュレと生クリームやチーズを合わせパスタ生地で包んだ可愛いパスタ。

北野クラブアネックス ディナー

イサキのソテー 松茸と松の実のソース

個人的に特に好みだったこちらの料理。
イサキと根菜と松茸が「お兄さんお姉さん、秋はもう来てますよ!」と教えてくれたような秋らしさ溢れる料理。

北野クラブアネックス 夜

熟成近江牛クリミのグリル イチジク添え 赤ワインソース

もう美味しいの一言。
赤ワインと堪能できました。

北野クラブアネックス

お肉に合わせた赤ワイン

巨峰のムースとコンポスタ 赤紫蘇のグラニータを添えて

巨峰のムースとコンポスタ 赤紫蘇のグラニータを添えて

巨峰ピューレと赤ワインのムースに巨峰のコンポートと赤紫蘇グラニータが添えられた絶品スイーツ。
見た目もとにかく美しいデザートでした。

KITANO CLUB ANNEX

北野クラブアネックス ドリンク

食後のドリンク

今回いただいたドリンク

神戸 北野クラブアネックス

スコッチ

神戸 北野クラブアネックス

白ワイン

神戸北野クラブアネックス

ソフトドリンク

神戸北野クラブアネックス

パンもいただきました

北野クラブアネックスのコース「カーサモデルナ」。
地産地消でモダンスタイルな料理の数々を楽しめました。

KITANO CLUB ANNEX

スポンサーリンク

北野クラブアネックスの魅力

夜の北野クラブアネックス

夜の北野クラブアネックス

今回はKITANO CLUB ANNEXさんへ初めてのディナー訪問でした。

実は少し不安だった入店時

私は訪問時、エントランスの検温検査に引っかかるのでは...と内心ガクブルなほど強烈に日焼けしていたのですが、無事に検査クリアをして入店。一緒に来てくれた美白女子と離れずに済みました(笑)

北野クラブアネックス 内観

1階での食事だったのですが、なんといってもまず特筆すべきはインテリア◎

北野クラブアネックス インテリア

リゾート地のレストランのような素敵な内観

神戸からリゾート地に旅行で来たような雰囲気を楽しめるのが北野クラブアネックスの魅力の1つだと個人的に思っています。

特にコロナ禍で海外旅行に行けない人にも、此処なら海外レストランの雰囲気を感じれるはず◎(周りは異人館街ですし)

北野クラブアネックス インテリア

つい写真を撮りたくなる絵

ディナーは期待以上のハイクオリティで大満足の一言。

KITANO CLUB ANNEX ディナー

マスク姿で頑張る料理人

少し休憩がてら、外へ出てみるとマスクをしながら暑いキッチン(ガラスから見えます)で一生懸命料理を作ってくださっていたシェフたちが見えました。(下記の動画で撮らせてもらっています)

ビアガーデン

この日は3階のテラスからもお客さんの声が聞こえていたので、ビアガーデン(完全予約制)も開催されていました。

北野クラブアネックス

私たちが訪問したビアガーデン時の様子

街の喧騒からしばし離れ、非日常な空間でゆっくりとディナーを楽しむ。
最高の夜時間を過ごせました。スタッフさんの接客も素晴らしかったです。

神戸 KITANO CLUB ANNEX

北野クラブアネックスでのディナーは特に記念日デート、女子会ディナーにもオススメです。

北野クラブアネックス ディナー

美味しい料理を前に話は絶えない

北野クラブアネックスではディナー以外にもランチ、アフタヌーンティー、ビアガーデン(期間限定)が開催されているので、気になる方は公式サイトをチェックされてみてくださいね。

 全て完全予約制

KITANO CLUB ANNEX

「北野クラブ」の本館は、1957年の創業。当時珍しかった本格フランス料理が愉しめるレストランであり、国内外のVIPをはじめ粋な大人たちが集う“神戸の社交場”として多くの人々に愛されてきました。

新館の「KITANO CLUB ANNEX」においては、伝統に磨かれたフォーマルな「北野クラブ」の“おもてなしの心”を継承した上で、モダンに昇華させ、素晴らしいロケーションや地の食材の豊かな味わいとともに幅広い世代に提供してまいります。

料理長が掲げるのは“神戸における地産地消”。淡路島からも近く、山と海の自然に恵まれた環境ならではの新鮮な魚介や肉、契約農家の野菜やキノコ、オリジナルのパスタなどの食材を“イタリアの郷土色を交えながら現代風に仕立てる”というモダンスタイルです。

またこの度のリニューアルでは、大切な方々との時間をプライベート感あふれる形で過ごせるよう、個室スペースを3つご用意。10 名様までゆったりと寛いでいただけ、お顔合わせや女子会、プロポーズなど様々なシーンを、オリジナルのメニューやサービスと共に素敵な時間に彩ります。KITANO CLUB ANNEX

北野クラブアネックス 屋上

3階 ルーフトップ パーティスペース「ROOF TOP –SUNSET- (ルーフ トップ サンセット)」

動画で実際の雰囲気を見る

下記のyoutube動画では今回訪れた様子を紹介しています。
是非チャンネル登録してみてください♡

公式サイト・ネット予約

動画で行き方を見る

上記の動画の最終目的地点は「KITANO CLUB ANNEX」の姉妹施設「北野クラブソラ」ですが、目的地手前で「KITANO CLUB ANNEX」を通過します。
通過の際にテロップで表示しているので、初めて行く際の参考にしてみてください。

店舗概要

・住所
神戸市中央区北野町1-5-10

DINNER 17:30〜23:00(L/O 22:00)

・電話受付 平日12:00-17:00 / 土日祝 10:00-17:00

・水曜日定休(祝日のみ営業)

関連施設にも行ってきました
スポンサーリンク
Let's enjoy KOBE
神戸ランチドットコム

生まれも育ちも神戸っ子のyuyuがグルメや観光情報を分かりやすく紹介する神戸の情報サイト KOBE LUNCH.COM
実際に訪問した記事ばかりなので、お店や施設の雰囲気や魅力を詳しく掲載しています。

- Thank you IG Followers 30000 -

おすすめの記事